Webデザインと多様性

Google翻訳を使い、または翻訳サービスを使うことである程度言語の壁を超えることは出来ます。実際わたしも最近は英語の粗訳にGoogle翻訳を用いています。それが無料で使える世の中は一時流行したフレーズ、フリーミレニアムの恩恵です。

ただどんなに頑張っても、画像化された文字は翻訳されません。メイン画像やバナーにある文字は、日本語なら日本語の、英語なら英語のまま表示されます。これを解決するには同一内容で各言語に沿ったサイトを作るしかありません。

しかしデザインを統一したから大丈夫という問題ではなく、その言語が持つ文化背景に沿ったデザインやレイアウトが必ず存在します。それらも考慮しながらサイトを構築すると…と丁寧な仕事にはやはり手間暇がかかることはWebであっても変わりありません。

そして、そのことを理解いただけるよう、お客様には丁寧に提案していきたいとの思いを強くしました。